« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月

横須賀開国祭

毎年行かないと気が済まない夏イベントその1は花火大会。

去年は茅ヶ崎。今年は2度目となるよこすか開国祭 開国花火大会にて。

うみかぜ公園で潮風を受けつつ。

体の奥底まで震える音を聴くのは本当に気持ちがいい。

ハテナコンビツーリズムin熱海港

お題は一緒に行った名ディレクターにつけてもらいました。
その名のとおり目的を果たさず返ってきたアホ2人。
「島に降りずに往復だけならできますが・・・」
「えっ・・・」
どうやら熱海の花火大会と被ったがために船の最終が早まったしたらしい。
とゆーか、そもそも出発も遅かったんだけど。
なんだか往復しちゃったらそれで満足してしまいそうだったから、行かないことにした。
逆走もしたし、つぶ貝も食った。ほんとハテナな休日だったけど、
恋人でも友達でも、人を好きになってく瞬間ってのは嬉しいもんだなって思った、そんな一日。

近いうちにリベンジ行ったるでー。

大磯海水浴場

毎年行かないと気が済まない夏イベントその2はビーチ。
今季唯一ゆっくりできた浜辺は大磯。すこーんと突き抜けた雲一つない真っ青な空が最高!

相変わらず湘南の海はびっくりするほど汚いけど、
狂うような暑さの中だらだらと汗を掻きながら、浮かれてる家族やカップルを見ているだけでも満足。

そろそろ自粛しなくてはならない日焼けもなんのその、
顔にタオルをのせてお昼寝タイム。起きたらビールとかき氷、2度寝の後はアイス。
(なんかやたら寝た覚えがあると思ったら仕事の徹夜明けなのだった)

浮き輪でボディーボードができちゃうほど波が高かった。

花火大会と海、どちらもベタな行事だけど、
夏が大好きな私に、1年が経ったことを一番感じさせてくれる欠かせない時間なのです。

Graphic:閑雲野船

今年のGWに行った島根・鳥取旅行のとき、島根の中海で出逢った難破船をもとに作ったグラフィック。
公開は遅くなってしまいましたが、
日が沈むころ灰色の湖に浮いているのを見た瞬間「おつかれさま」を言いたくなって、
どうか安らかでありますように、寂しさを感じないようにと願いを込めて、
帰ってきてすぐに制作しました。

閑雲野船

タイトルは閑雲野鶴から。
(閑雲野鶴:なんの束縛も受けないで、伸び伸びと暮らす境遇のたとえ。俗世間を離れた悠々自適の生活。[yahoo辞書より])

せちがらい世の中でつい余裕をなくしがちだけど、
自分の中で大切にしている思いだけはいつも忘れないでいたいです。
大事な人たちと先人に感謝すること。空と緑に感謝すること。

壁紙と待受け作りました。

Download | Wallpaper:1920×12001600×12001280×960800×600 | mobile:240*400240*320

他Graphic作品はこちら ≫

でっかいチーズ

同僚が送別会を開いてくれた。
このチーズの上で、シーザーサラダを作ってくれるのです。たっぷり混ぜて贅沢すぎ!
リゾットではよく見かけるけど、サラダははじめて。
場所は六本木。すげー常連さんで店員に慕われる彼女はかっちょよかった。
終電過ぎても大声で笑いまくり。

友人にとってもすてきな七色の綴錦をいただいたり、(早く着物が着たい!)
ジョン・レノンが来店したカフェを教えてもらったり。

中華に焼き鳥にランチ、忙しい中時間を割いてくれた方々に心からありがとう!!
この一年間、出逢いこそが何よりの財産です。

卒業と新学期

送別会・・ということで、最近のできごとを報告。
1年間1ヶ月いた会社を退社しました。

クオリティを上げる術、人の話を聞くこと、企みを遂行すること。とても勉強になった。
短い間とはいえ受けた影響は本当に大きく、今後どんな仕事をするとしても残っていく糧だと思う。

大きい仕事に関わったり、本当に仕事ができる人と一緒になる機会を与えてもらったり、
尊敬するデザイナーさんに会う機会があったり、正直自信がなくなることもあった。
でも、それこそが一番求めていたこと。自信をなくすということは自分のやるべきことを知ること。
これだけで私はしばらくやれる。きっともう一つ上の階段を目指せる、と思う。

そして何よりありがたいこと。
自分のしたいように、自分の設計のために選んだ道を応援してくれる同僚がいること。

ディレクターとして3年、10月より企業でウェブデザイナーとして働きます。
三十路まであと半年。これで転職は4社目。
今までよりもっともっと、創りたい。

写真は一人で通った隅田川での空。
みんなと行った贅沢ランチもうまい店が多くて楽しかったなぁ。

濃い1年を過ごせてとても嬉しく思います。本当にありがとうございました。
これからも自分のすべきことやりたいこと、自分なりに一つずつクリアしていきたいです。

▲ Page top
← Front page