« 2007年09月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

越後湯沢

去年もさんまのサンタを見ながら更新してたなぁ。ハッピークリスマス!

ネタは新しい職場1週間目の3連休中の話。相方の誕生日。
風呂に入ってゆっくりしたいという希望に添って(きっといつも連れまわされて疲れているのでしょうナムナム)温泉街の宿を探す。
が!国内だとなめて1週間前に予約をとろうとしたら、もうどこもいっぱい。やっと見つけた新潟に宿をとった。

道中びっくりしたのは関越トンネルが思いのほか短かったことだった。
子供の頃は海への道のりに興奮しまくってたからか、自分で運転するようになって長距離ドライブをし過ぎたせいか・・

ゴンドラに乗って山頂へ。雪のない湯沢にきたのは始めて。

風が強くて飛ばされそうだった。

コスモス畑が綺麗だったよ。

いくつかお土産屋をまわってかぼちゃやかんずりを手に入れたら早めの夕食。希望どおりほんとに何もない。
部屋でゆっくり飯を食って貸切の温泉入って露天風呂入って、漫画片手にいつもにないまったりごろごろ。サプライズのケーキも完食。

きっといい歳が過ごせますように。

平出 豊作品展 "微音のすがた -Tone-"

朝、小雨の湯沢を散歩。霧が立ちこめている山を後にして関越で高崎まで。
ART Gで開催されていた平出 豊作品展「微音のすがた -Tone-」を観にいく。

当個展の作品を一部掲載しましたので、ぜひご高覧ください。

彫刻家 平出豊 Special Web Site/Exhibition1970-2007:http://www.hiraide.info/special/
(※作品名は追々掲載予定です。大変恐縮ですが今しばらくお待ちくださいませ。)

ほぼ新作という見応えのある展覧会。
今までにない朱色が際立つ絵画は頭の中で踊り、生命を持ったまま生まれ変わる石や木たちは時代を越えて思いを巡らせてくれたし、
角度や距離や音によって様々な表情を見せる彫刻からは光や声が届く。一つの絵本のような空間でした。
上の写真は一番私が好きな作品。

いつものように3人でお茶をしたくて待っている間、
近くに散歩にいっておいで、との言葉に近くを歩いていたら思いがけず見つけた神社で澄んだ青空を見た。
午前中の天候が嘘のよう。揺れる大樹の枝葉に包まれて気持ちよかった。
お土産の栗ごはんもとても美味。

何気ない日常が私にはとても愛おしい。
それまでの緊張はどこかに消えた、優しく充実したお休みの日。

▲ Page top
← Front page