« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月

アルツ磐梯・猪苗代・猫魔

はい、GWなのにまだ2月の日記です。
というか、全然お休みモードでなく若干落ち気味です。たぶん、気のせいです。

さてと。去年も一緒にいったメンバー4人で雪山行ってきました。場所は福島。
2泊3日のうち、1日目はアルツ磐梯、2日目は猪苗代スキー場、3日目は裏磐梯猫魔スキー場
と贅沢に違うゲレンデに。

夜中出発して現地まで、すごい吹雪でどうなることかと思ったけど、滑走中は晴天続き。
積雪量の少ないと言われる今年にしては雪もいっぱいで、気持ちよかったです。

以下、コンデジが壊れたので携帯の低画質で失礼をば。
感想としては、(※あくまでヘタレスキーヤーの主観です)

↓ アルツは景色がよいが、リフト稼働率が悪い&雪質悪い

↓ 猪苗代はファミリー向けで広いため、ゆったり滑れる&雪質よい

↓ 猫魔は上級と初級の差が激しいけど、うまい人が多いので滑りやすい&雪質よい

な感じでした。
それと、我らの名コーディネーターが選んでくれたペンションも大正解。
飯(トリッパの煮込みに一同感嘆)とデザートがちょーうまいうえに貸し切りのお風呂もあり。
東北だったので渋滞に巻き込まれることなく、充実の3日間。酒盛りも楽しかったです。

今年の雪山は例年になくトータル5日間も行けたため、
毎度の筋肉痛を抱えながらも少し感覚を取り戻すことができて大満足!
ますます運動不足の今日この頃なので、来シーズンに向けて体を動かしておかなきゃー。
ちなみに氷柱目当てに蔵王をリクエスト中です。(おでの経済状況ではニセコはまだ遠そう)

いとこの結婚式

やっと3月の日記。
お台場にて、親戚の結婚式に出席しました。

これまでお友達や同僚の結婚式には沢山お呼ばれしてもらったのだけど、
身内のお祝いは今回がはじめて。(順番的に私が止めてた気もするが..汗)
小さい頃からの思い出と、見守る家族の気持ちと、
こんなに泣けるもんなのかというくらい、涙流しっぱなし。

白に桃色に赤・・着物絵師である母が作ってくれたそれぞれのお着物が華やかに彩りを添えて。
いつか(機会があったら)自分のパーティーで、このお着物を着るのが1つの夢です。

・・なんて浮かれてしまうくらい。
心からの祝福で幸せ気分いっぱいの時間でした。
ほんとにほんとにおめでとう。ずっと幸せでありますように。

傘寿のお祝い

親族行事その2。3月の春日和に集まったおじいちゃんのお誕生日パーティー。

アパレル勤めで土日休みを取りづらい従姉妹が言った「だってこういうときのために働いてるんじゃん」が、なんだか嬉しい。
小さかった頃のように集まる機会が減ったからこそ、大事にしなくてはいけないと思う貴重なとき。

午後には私のわがままで秋間梅林に。2年前と同じ丘を3人で歩く。

お祭りが終わったあとの静寂に、夕方の陽を吸い込んだ梅の花と、波のような妙義山。

とんぼ帰りの休日だったけど、とても癒されたのでした。

思索する手

ご案内をいただいて、YOU HALLの企画展「古代現代2009 思索する手」に行く。

高崎市観音塚考古資料館の収蔵品と、彫刻家 平出 豊をはじめ現代造形作家6人の作品を同時に展示した面白い試み。

縄文〜古墳時代の発掘物が資料館の外に出るのは、めったにないこと。
とても細かくシンプルなそのデザイン性にただ圧巻するばかり。
身の回りにあるものを使い文様をつけた土器を眺めていると、
手作りということを改めて考えさせられるのです。

そんな数千年前の人々が暮らしのために作ったものの隣に
感謝と尊敬の思いを馳せて、今も変わらず手を動かし続ける現代作家の作品が並ぶ。

「造形とは、人間の手と心がいっしょに動き出す瞬間に生まれるもの」(※YOU HALL案内状引用)
1つ1つの作品に空想を抱きながら眺めていると、
観客の一人である私もまた、思いを馳せることができる。

夢見心地になる不思議な空間でした。

ハラミュージアムアーク

実家帰省したついでに、3人で伊香保のグリーン牧場にある原美術館へ。
赤城山を覆う青い空に薄い雲がさざめく春の日。
少し冷たい風に水面がきらきら、羊がもふもふ。



美術館には「青磁下蕪花瓶」のような国宝があると思いきや、現代作家の作品があったり。
イサムノグチ、アラーキー、草間彌生の作品など・・・
1点ずつ宝ものを寄せ集めたような美術館で、楽しかったです。
他には束芋さんの「真夜中の海」というミラーを使った部屋や杉本博司さんの写真にインスピレーションを受けました。

それから四川飯店でお気に入りの担々麺を食べて、伊香保温泉に入った。
つかの間の休日だったけど、ここのところ自分が思っていた以上に緊張感をもって過ごしていたせいか、
カメラに向けた顔は子供のように嬉しそう。
贅沢をしたいわけでもなく、多くを望むわけでもなく。
ただこんな日が過ごせればそれでいい。大好きな人と過ごす時間があればそれでいい。

私の一番の栄養補給。

▲ Page top
← Front page