« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月

青嵐

やー、W杯出場決定おめでとうございます!

と日記はようやく4月。唯一とれたお休みにたまらず日帰りで群馬帰省。
強い風に葉が舞い飛ぶ。こんな春の風を季語で「青嵐」っていうんだって。

「おかえり、おかえり」とはしゃぐカイちゃんにのせる柿の青若葉。柔らかくてうまそう。


午後には、恒例の山椒採りには行けなかったかわりに、妙義山で春を見た。
青い空に鷹がひらり。鮮やかな八重桜の向こうに、深い杉の藍色にまじる黄緑や藤色。

往復運転はちょい疲れたけど、モニタばかり見ている目に何よりの保養になりました。
待っててくれてありがとう。明日からまた頑張れる。

神様とその他の変種

中高時代の同級生から入った急なお誘いにのっかって、
下北沢で、昔の恋を思い出すようなふざけたお芝居を観てきました。
お題は、NYLON100℃の「神様とその他の変種」。

オープニングの映像がかっこよくて、
いつかパルコ劇場で観た「卒塔婆小町」のダンスシーンを思い出す。
あのドキドキと心が踊るような興奮が味わえただけでも、大当たり。

水野美紀がキレイで、
犬山イヌコの演技に惚れて、
あの頃みたいないい加減な展開に心地よくなって、
思うつぼなオチに涙が出るほど大笑いして、
コンビニでダンディな竹中直人を見て(関係ない)
とにかく刺激的でした。

どんな職種だろうと、面白いヤツはおもしろいものを見てるのだ。
と思ったら、また笑えてきた。
そんな友達がいて幸せです。

菜の花と玉葱

今年のGWは、なんとか3日間だけ実家にくつろぎに。

1日目はおじいちゃんの畑に遊びに行く。菜の花と戯れて、水やりのお手伝い。
こうして毎日手間をかけて育てていることを実感すると、
いつもいただく美味しいお野菜たちに感謝の気持ちが高まります。

春キャベツ、新じゃが。ほんとに宝の山みたい。
抜いたばかりの玉葱をもらって、ほっくほく。
夏に向けて、小さな芽がたくさん顔を出してました。

野反湖ピクニック

2日目は労いのご褒美ということで家族3人でお出かけ!
野反湖に連れてってもらいました。

草津で芽吹く春の景色を見ながら、どんどん進んで行く。
山をいくつも越えて湖に到着すると・・

なんと冬景色に!

野反湖は群馬・長野・新潟の県境で標高1,500m程の国立公園。
雪が湖に流れ込んでいて、北欧にでも行ったみたい。

作ってもらったおにぎりとウインナーと漬け物を頬張り、とても幸せ。

5月にはなかなか味わえない冷たい風が気持ちよい。今度はりんどうがいっぱい咲く秋に来てみたいです。

道中、六合村には手前には鯉のぼりがたくさん。次回は尻焼温泉にもきっと。

ところで、野反湖は小さい頃にたくさん連れてってもらったキャンプ場の1つ。
沢山の荷物を背負った両親にくっついてテントサイトまで長い道を歩いた。
飯盒でお米を洗った場所とか鮮明に覚えていて、懐かしいねと話しながら。ほんとに楽しい1日だったな。

後半戦に備え、たくさんのパワーをもらえたつかの間のお休みでした。

work:DIAMOND BAR

そして、前の記事から1ヵ月後。(やっとリアルタイムに追いついてきた・・)
制作をお手伝いさせていただいたDIAMOND BARが6/1に公開されました!

DIAMOND BAR トップページ

DIAMOND BAR リング一覧

DIAMOND BAR リング詳細

DIAMOND BAR
http://www.diamond-bar.jp/

production credit
----------------------
Creative Director : 三木 雅恵 ( dentsu razorfish )
Planner + Director + Text Writing : 高田 優子 ( dentsu razorfish )
Designer : 平出 杏 ( quip Design )
Flash Developer : 伊藤 修二 ( quip Design )
Sound Designer : 吉田 健二 ( dajistudio )
Photo : JAM STUDIO

外出時もテレビの中にも夢の中にも、キラキラを探して、
寝不足にもマケズ、晴天の誘惑にもマケズ、ひたすらキラキラを作りました。

商品の透明感や輝きを際立たせるのを念頭に、
いかに処理を軽くできるかを考慮するのに試行錯誤。
ちなみにキラキラはよりリアルにするため、
実際にリングをピンぼけで撮影したものをグラフィックに起こしてから
1つ1つトレースしてFlashに読み込んでいます。

ネット販売に加え、カタログ・店舗と窓口もたくさんありますので、ぜひプレゼントなどにお一つ。
組み合わせでかなり雰囲気変わります。

それから今回思ったのは、全力を注いで拘りぬけるのはとてもありがたいということ。
改めて独立してよかったなぁと、心から思える案件でした。
ディレクターのゆうこさま、関係者のみなさま、本当にありがとうございます&おつかれさまでした。

嬉しかったABMも貼付け。実績の方も更新してます。

▲ Page top
← Front page