« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

岡山・広島の旅:日の出

そして3日目の朝。
祈りたくなるくらい、美しい日の出を見ることができました。

パノラマビューの瀬戸内海の水面に、ゆっくりと上がっていく朝日がきらきら・・・。
小さな船がいくつか、静かに波のラインを描いて横切っていく。
しばらく見とれて温かいお茶を飲んだあとは、
海を見ながら温泉で朝風呂。幸せ・・・。





ちなみに日の入り時間は5:52。泊まったのは広島港の宇品島だったから、見えてた島は金輪島、峠島、似島、江田島、坂町辺りかなぁ。





眩しいほどの快晴の空と真っ青な海。
朝食もたっぷり食べて、旅のもう1つの楽しみ。宮島に出発!

岡山・広島の旅:広島→宮島

3日目。日の出の記事の続き。
前から一目見たかった厳島神社に行ってきました!

広島港から廿日市の宮島口まで移動。
駐車場探しに大わらわで、駅前をぐるぐるしたすえにママの交渉のおかげでなんとか近場に駐車。

フェリーに乗って、いざ出発。
ちなみにフェリーに車を乗せることはできるものの、宮島では車乗り入れはできないらしい。
「じゃ、なんのために車乗せれるんだろ」と素直に問いかけたら誘導係のおじちゃんに「意味ねーよ」と怒られる。

波がきらきら。風がそよそよ。
九州では天草から島原まで乗ったね・・・と3年前を懐かしみながら。

厳島神社の鳥居が見えてきた。

宮島上陸。

鹿がたくさん。隣に並んで歩いてくるのが可愛いです。

建物が海に浸ってる映像はよくテレビで見るので、潮が引いてるときを狙った。
ちなみにこの日の干潮は9:25、満潮は17:03。現地にいたのはこのうちの11:00〜14:00くらい。

しばし海風に浸ったあと、社殿を見学。

鏡の池。この円の中に月が落ちるんだって。ろまんちっく。

苔の緑と建物の赤のバランスにうっとり・・・。

枡形にて。色々計算されつくされててすごい。

高舞台から五重塔が見える。

国重要文化財の能舞台。こんなところで観たら完全に時代をトリップできそう。

これも文化財の反橋。すごい湾曲のたいこ橋です。スニーカーですらズリ落ちそうなのに、お着物でどうやって歩いたんだか。

合戦にも優れた舞台。平清盛は夢枕おつげを耳にして、どんな風に今の形を描いたんだろう。

秋空と入道雲が入り交じる奇麗な水色の空と静かな波。

大鳥居に近づいてきた。

低い波がスライドしながら、すごい勢いで満ちていく。動画だとわかるかな。(酔いそうなカメラワークで勘弁してください)

波がくるぞー、てな具合に小さい沢カニとかやどかりが大移動。
人もジャンプしないと陸地移動が難しくなってきた。

季節ではないけど、広島といえばカキ。お土産通りのおせんべもうまかった。

飛行機で食べる用に、山一であなごをお土産にしてもらって、

宮島をあとにする。
帰りは山陽道から河内ICで広島空港へ。

ずっと行きたかった岡山と広島。飯もうまいし、街の活気や奇麗さも素敵でした。
2泊3日だったけど、充実しながらもいつもよりゆっくりとものが観れたよい旅ができたように思う。
そういえば、日本で遊んでないのは、あと鹿児島、宮崎、富山の3県のみ。世界遺産は残り5つ。

何より・・・昨年は1回休みだったので、2人で旅行できて本当に嬉しかったなぁ。ありがとう!!
2ヵ月経った今でもワクワクした出発や、散歩した光景を思い出すだけで幸せになる。
来年はどこにいこうか。楽しみです。

▲ Page top
← Front page