« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月

榛名山と夕萓

週末、ちょっと涼みに行こう!と、2年ぶりの榛名山へ。

すっかり梅雨も明けて、今日も夏空。

まずは腹ごしらえ。大好きな四川の担々麺から。シメの杏仁も絶品です。

ロープウェイ乗り場の辺りで、夕萓(ゆうすげ)がいっぱい咲いてるー。螢袋など他の野草にもうっとり・・・
とお散歩していたら、午後にゆっくり出たのがまずかったか先程までの入道雲が山まで上がってきた。

というわけで、神社をパスしてゆうすげ元湯へ。
暴風雨の湖を眺めながら、あつーいお風呂に浸かる。贅沢・・・。お湯もよかったです。

汗を流して、快適に帰路へ。ちなみに、さっき遠くから眺めた夕萓はこんな風貌をしてるよ。
日光黄萓と似てるけど、夕方に咲くんだって。

母と相方と3人(弟くんは最近つき合いが悪いためお休み)楽しいドライブでした。榛名神社は後日リベンジ!

高崎まつり

8月7、8日は地元高崎まつり
昨年まで神奈川で、横浜・鶴見・横須賀・逗子・茅ヶ崎・平塚・大磯・小田原・厚木など神奈川の夏祭りに浮気してたため、
なんだかんだで十数年ぶり。
子供の頃、肩車して連れてってもらったり、ハッピ来て山車を引いたり、思い出深いお祭りなのです。

2日ともに晴れ空。汗ぐっしょりの真夏日でした。

高崎のお祭りは、町ごとに山車があります。その数、38台。
それぞれの屋根には歴史や神話に登場する人たちをモデルにした人形がいます。例えば、私の町内赤坂は猿田彦。祖父の家がある並榎は鏡獅子といった感じ。製作年数の古いものでは、明治に作った菅原道真や浦島太郎などがあります。※高崎前橋経済新聞引用
(高崎は1598年から150年の歴史、まつりが始まったのは1985年だそうです)

1日目は、相方とチャリで。
有名政治家もちらほら見かけました。(どなたか存じ上げない男前な背中の向こうに元首相・・。)
※応援しているわけではありませんのであしからず

何気に相方は今回の参加が初めて。ヤツも新居浜というお祭りの国出身です。(が、高崎だって負けまセン!)

2日目は、母とゆっくり歩いてまわる。
幼少時、私は並榎か住吉町、母は連雀町の山車に乗りました。足袋で直に歩くのでアスファルトがとても暑かったのを覚えてます。
足を止めてただ眺めていたら、なんでこんなに長い間放っておけたのかなぁ。と涙が出た。

ちなみに、太鼓を叩くのも子供たちの仕事。お祭り2ヵ月くらいから夕方になると笛や太鼓の練習に和ませてもらってました。

それから山車の他にはまったもの2つ。
1つめは木遣のおにーさん方。まじで惚れそうでした。男はあれくらい恐れを度外視て挑戦するといいと思うの(日常においても。。)
梯子を支えてるのが、下にいる人たちが持っている鎌?のみとゆーのに驚きました。
(あれって火が燃え広がらないように建物を壊すために使われるんだってね)

2つめはどですけ連の阿波踊り。鳴り物の音がいい。で、何より楽しそう!男踊りがやってみたいです。(動きがでかいので)

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん。うーん、ごもっとも。

で、いっぱい歩いたあとの締めはやっぱり日本一のかき氷。
奮発して日光の天然氷でイチゴミルクと宇治抹茶あずきを頼みました。うますぎて、初めて完食!w

次の記事も高崎まつり。1日目の夜開催された花火大会を書きます。

高崎まつり大花火大会

この日のために今の賃貸物件に決めました。と言っても過言ではないくらい楽しみにしていた高崎の花火大会。
何気に15000発という神奈川県内では見れなかった規模です。

ベランダに夜なべ人工芝を敷いて、ローテーブルとアウトドア用の椅子をセッティング。
おつまみは茹でたてのとうもろこしと枝豆に、屋台のたこ焼きとハーゲンダッツ。メインは具だくさんの冷やし坦々麺を用意。
こんな日だからこそできるおもてなしも楽しい。

小学校高学年か中学上がったばかりの頃、塵が落ちてくるほど近い場所で家族みんなと寝ころんで見た。
たしか初めて買ってもらったカメラを浮かれて落としたのもこの時・・と思いにふけるのも束の間、
昼間同様、十数年ぶりに見たそれに始終コーフン。

従姉妹も合流して、5人で大騒ぎ。若干距離があるが、高さのせいか打上げから花火が広がるまで全体が見れて気持ちいい。

懐かしいあなたも、はじめての人もご覧ください。中盤のスターマイン。数がすごいです。

フィナーレ。固定位置で左に小さく光っているのは観音様。

下に見えるは、各町内に戻っていく山車たち。

ビール飲んでゆっくり寛いで。みんなで沢山笑って楽しかったなぁ。最高の夏の夜でした!!

借りぐらしのアリエッティ

そういえばアリエッティ観ました。

お盆休みでタイから帰国してたchieとの夜デートにて。観賞後、自宅にもいる小人の話を真剣な眼差しで語ってくれました。
そんな彼女は二児のママさん。
古い話に花を咲かせて朝までうろうろドライブしちゃったりして。学生のとき以来じゃなかろうか。
変わらない友達がいるっていいなぁ。この歳になってからこそ改めて思う幸せ。

桃鉄ナイト

続いて、もひとつ地元友達との夏の思い出。
「桃鉄ナイト」それは30過ぎの女たちが下ネタ話しながら朝まで桃鉄をするという自堕落な会。
その間男子は何をしているかとゆーと、食事の用意と片付けと買い出し。しかも出てきたのはリゾット、カルパッチョ、パスタとおされなご飯。ご近所夫婦宅でくつろぎまくりました。
かかぁ天下の国バンザイ!(頑張ってる「かかぁ」の皆様ごめんなさい)

というか、地元のお友達はいつも居心地の良いです。こっちに戻ってきてリラックスできてるもう一つの楽しみ。

写真は桃鉄への気合いを表して結束会in高崎屋台通り
ラムネチューハイのラベル、うだるような暑さに水滴のしたたる雪だるまがほほ笑ましいアートディレクションです。


新島のお友達へ。ここ最近の飲み写真をまとめてアップ http://gallery.me.com/qpqp/100072
[ ID:niijima/Pass:学校の隣の商店名を半角小文字(ローマ字)で ]
※ID直したので、見れなかった人再度試してくださいましm(_ _)m 9.24現在

磯部温泉花火大会2010

お盆の日曜日。
もう東京に帰らなくていいんだ。
ここが私の帰るところなんだ。と思ったらほっとした。
よかったなぁって、何度も噛み締める。
ここに産まれたこと、ここに今いること。

その日は本場地元の花火大会。数こそ3000発と少なめだけど打上げの種類が変わってて見応えがあるのです。赤系の花火が多いのも好き。

大人げなくスイカを頬張り、金魚すくいに焼きまんじゅう。夜になったらそわそわして3人でお出かけ。
大好きな夏。戻ってこれた初めての夏の日にありがとう。

磯部温泉花火大会2009 | 磯部温泉花火大会2008

榛名神社

8月中旬。榛名山と夕萓のリベンジで、榛名神社に行きました!メンバーは同じく3人。

今や雑誌にも載るパワースポット。
子供の頃ぶりに行ったら岩がごつごつ、苔むしてる素敵な場所だったのでレポート兼ねて。

まずは腹ごしらえ。手打ち麺が美味しい門前そば。小松屋さんでいただきました。

随神門をくぐって、いよいよ参道。

背の高い杉がいっぱい。百年〜4百、一番多くて千年ほどの樹齢だそうです。

小さなトンネルを潜ると、

大きな岩肌が見え出す。

御水屋の冷たい水で手を洗って、矢立杉を横切ったら、

本堂のある双龍門へ。圧巻。

こちらが本殿です。岩と繋がっていてかっこいい!日本じゃないみたい。

なかなか立派な建物。木彫が素晴らしい。1806年に再建された重要文化財です。

来た道を戻る。右に見えるでっかい杉は矢立杉といって武田信玄が験を担いで植えたものらしい。

瓶子の滝。御水屋からちょっと上がった階段あたりからよく見えます。

そこそこ歩きがいのある距離。パシパシ撮ってるとすぐ置いてかれる(いつもだけどw)

あの真夏日続きまっただ中にもかかわらず、快適な涼しさ。

帰りは、昼ご飯を食べたお店で出たお豆腐が美味しかったので、お土産に。
マイナスイオンたっぷりの至福な1日でした。
夏・紅葉・雪にぜひお薦めです。

ところで、ブログを書きながら写真を見てて思ったけど、2人と出かけてるときは恥ずかしいくらい嬉しそうな表情をしている。
完全に毒が抜けてるなーと。貴重な休日、お付き合いありがとう!

+Diary

[ Calendar ]

[ Comment ]

さっきはどうも。。。笑 楽しい時...
by Kaolita
at 2010.09.28 21:09

>Kaolita どういたまして。楽しかっ...
by anzu
at 2010.10. 1 8:59

いや~、桃鉄ナイトほんっと楽しか...
by chie
at 2010.09.23 17:23

>chie うーん、ほんと10年くらい...
by anzu
at 2010.09.24 2:42

この間は偶然だったね♪ ホント桃...
by aisa
at 2010.09.24 12:09

>aisa ほんとー、まじでびっくりし...
by anzu
at 2010.09.24 19:50

あれ?まだ疑ってる? 笑 そうそ...
by chie
at 2010.09.17 19:34

>chie おおぅ、疑うなどめっそうも...
by anzu
at 2010.09.18 7:45

お久しぶりです。 この花火を自宅...
by moto
at 2010.09.18 17:27

>motoさん お久しぶりー!変わりな...
by anzu
at 2010.09.21 4:31

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
▲ Page top
← Front page