« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月

斎藤かほる展

続いて、ノイエス朝日で開催されている斉藤かほるさんの個展に行きました。
色んな形の七宝の上に踊るたくさんの顔色がたのしい。

会場のなかで、格子の中に一コマずつ描かれた茨木のり子の詩の前で止まってしまったのは、
20代の頃より、あきらかにその言葉がリアリティを増していることに気づいてしまったから。
「そもそもが ひよわな志にすぎなかった」
10年後にまたどんな風に感じるのだろうか。

黄緑のきれいなネックレスを購入。猫や花など女性らしいモチーフにも癒されました。

*** 斉藤かほる七宝の書画展―乙酉の抄 ***
会期:2010年12月4日(土)~20日(月) 会場:ノイエス朝日
URL:http://www.neues-asahi.jp/archives/date/2010/12

12月のお誕生日会

昨年に続き、今年の突撃晩ご飯作戦!は、
肉じゃが、きんぴら、鯛飯、さつまいもと鶏肉のローズマリー焼き、かぼちゃの煮つけ、坦々鍋、アップルパイ。

きんぴらがニンジンシリシリみたいな出来になって笑われたけど、慣れない煮物系がなかなか好評で一安心。

主役の母は、前後2ヶ月ほどお着物の制作期間中で外出している間すらなかったため、
喜んでもらえて胸いっぱい。お腹もいっぱい。のお家祝いだったのでした。

こっちに戻ってきて1年以上、お料理のレパートリーも少しずつ増えてきた気がする。
というか、歳のせいもあって、少しは健康志向になってきたかな笑
今後の希望は保存食を教えてもらったり、挑戦していきたいです。

クリスマス会と安中新年会2011

ご近所さんにお呼ばれして10人近くでクリスマスパーチー。
それぞれ同じ金額内で持ち寄ったプレゼント交換をしました。個性が出てたのと軽いミラクルですごい盛り上がり。
ちなみに私たちが持っていったのは含むネタ系。
当たったのは、ユンケルのそこそこ高いやつ。結局年越しに風邪にかかった相方が飲みました。。
青い帽子かぶって浮かれたよ笑

ゴハンは毎度美味しいあいちゃんの手料理。マッシュポテトがちょーうまかったです。いつもごちそうさま!

と、ついでに地元の身内向けにお知らせです。
半年後になってしまいましたが、安中新年会の写真をようやくアップ。
Flashで編集すると時間がかかるので、今年はムービーにしてくれてやりました。
でも皆撮られてるの気づいてないからおもろい。必見です笑

安中新年会のムービー(いつものパラパラ写真)
http://vimeo.com/27407151
[PW:新島の隣のお店を半角英で9文字]

写真は忘年会のと合わせてどぞ
http://30d.jp/qp-an/5
[合い言葉:新島の隣のお店をひらがな4文字]

新春展'11:兎

ようやく年明けの記事です。
2010年に続き、恒例、平出豊氏が指揮を務めるインスタレーション企画、新春展。今年はウサギ。

9日には同企画の公演イベントで、
斉藤マコトさんのギターと松村智恵子さんのコンテンポラリーダンスのコラボがありました。
会場の空間を自由使って、音の波に合わせて白兎が飛び回る様が面白い。静けさに迫力を感じました。

* * * NTTユーホール 新春展 * * *
会期:2011年1月4日(火)~11日(火)
   2011年1月9日14:00〜新春コンサート
場所:YOU HALL(NTT東日本 群馬支店)

丸沼高原スキー場

標高2000m、積雪量210cm!
1月中旬、つまの間の休日に日帰りで、母と弟と相方と4人、丸沼高原に行ってきました。

雪質が良くて、すっごく滑りやすかったです。

澄んだ冬の空を見ながら、手作りおにぎりを頬張って、贅沢ドライブ。

沼田ICで降りて、老神温泉も尾瀬岩鞍も過ぎて、日光の手前まで。雪が見えてくると道の際には、やどり木がたくさん。

着いたー!雪深くてテンションが上がりまくり。

五色沼を見下ろしながらゴンドラで一気に山頂まで。リフト券がカードでハイテク笑 便利でした。

山頂から日光白根山も良く見えました。これを越えると栃木県です。

昨年落としてしまったために新調したおニューの手袋。高かったけどお気に入り。

いつものとおり3人はスキー、相方のみボード。いっぱい滑れたよ。大満足。

こちらもお楽しみ、温泉はしゃくなげの湯に寄りました。予想以上にすげーいいお湯で温まりました。

夕飯は、四川にて。担々麺が渋川のところより数倍辛い!そういえば、うまかったけど、気温差で鼻水ずるずるになったなぁ笑

今シーズンの雪山は、何気に、この後日行った山形蔵王とこの日のみだったので、
本当に行けてよかったです。とてもとても楽しかった1日。

33歳

1月下旬。澄んだ冬の空の下、いつものように大好きな妙義山の橋を通って、軽井沢に行く。

バタバタしている時期だったので、近場を選んだのだけど、十分幸せ。

この日は32歳最後の日。母と相方につき合ってもらって久々のお買い物。

荷物を沢山抱えて帰宅。実家にて、家族みんなにお祝いしてもらいました。

手料理とたくさんのプレゼントにこっそり涙。いっぱい笑って、とっても癒されたよ。

当日もサプライズで寄ってくれてありがとう!

後日、お友達にもお祝いしてもらいました。うれしーー

素敵カップルには串揚げ屋さんに連れてってもらった。ケーキとマカロンもごちそうさま。

agata夫婦には鍋を作ってもらいました。飯島風レシピ見てるだけで楽しい。

yumikoが贈ってくれたプレゼントも大活躍。

月明け恒例の合同誕生会。

宝物と素敵な時間を、本当にありがとう。また一年間、日々を大切に、感謝を忘れずに過ごしたいです。

このブログにしてから30歳31歳32歳と、毎年ちょっとずつ変わっていくなりたい自分。
がむしゃらにまっすぐだった28歳29歳とはあきらかに違うけど、
実現できているかと言えば、なかなか遠いなぁと振り返る度に反省ばかり。
それでもこうして一緒にいてくれる人たちの存在は大きく、
私もそんな風にになりたいと思う気持ちが前を向かせてくれる気がします。
少しでも笑顔がたくさん見れるように、色々なことを周りこんで物事を考えられるように、大きくなっていきたい。

タランテッラ・ダ・ルイジ

2月頭、友達のイタリアンシェフが白金にお店をオープンしました。
お店の名前は「 タランテッラ・ダ・ルイジ」。白金高輪駅から徒歩5分ほどのところにあります。

ナポリからご自身の目で直輸入した窯で焼いてくれるピザが最高!
オーナーシェフの寺床さんは本場イタリアの各地区で7年もの修行を重ねた本格派の料理人さんです。

待っている間に出してくれた新鮮で肉厚なオリーブ。これをいただくだけでもクオリティの高さが伺えます。

ムール貝をレモンでいただく。スープもあっさり系だけどすごく美味しい!

イワシのフリット。さっくさく。素材に拘っているのが嬉しいところ。

フォカッチャ?も、もっちもちでうまかったです。
奥行きのある30席はお客さんで始終満杯でした。

オープニングパーティーの翌日でお忙しいときにもかかわらず、
すっかりもてなしていただいてしまい、お腹いっぱい大満足で帰りました。
本当にお薦めなので、お近くにお住まいや職場のある方はぜひ一度。
イタリアン好きの方も一緒に食べに行きましょう!

というか、書いてるだけで食べたくなってきた。。また早く行きたいです。笑

ナカダイ見学

群馬には、ヤマダ電機とかペヤングのまるか食品とかベイシア、ハラダと色んな有名企業がありますが、
その中でもナカダイさんの見学に行く機会があったのでご紹介。

ヘルメットを借りて、一通りリサイクルを見る。金属クズから骨董品のような一点ものまで。

分別をしっかりしているので、ゴミがゴミでないように見えるのがスバラしい。
こちらの資材をつかって、TOKYO DESIGNERS WEEKに出品された方々もいます。詳しくはこちらをどうぞ。

徹夜明けのままであまり頭が働いてなかったけど、担当者さんも親切で、面白い会社さんでした。
社員に女性の方が多かったのにも驚き。
興味のある方は実際に訪れてみると良いと思います。

樹氷ドライブ-山形蔵王温泉スキー場

お待たせしました!樹氷の記事を半年後にしてようやく更新。
いつものように文字はテキトーに、写真をお楽しみいただければ幸いです。笑

どーしても樹氷が見たくって、でも仕事が超多忙中で。
という2月のある日。
強行突破のほぼ日帰りで、往復800kmほど。山形蔵王温泉スキー場に行ってきました。

手段はもちろんマイカーテラノくん。
出来かけの北関東道をショートカットに使い、東北道をどんどん、北に走ります。
高崎から山形蔵王まで、その距離高速のみで片道350km。徹夜作業のあとだったけどへっちゃらです。

だって生で見たいんだもの。写真を撮りたいんだもの。

と、ようやく現地に着いたら、まず困ったのは駐車場。
はじめはメインの駐車場で冷たくあしらわれてしまい行き先不安だったけど、
運良く、蔵王山麓駅の近場で5台待ちほどで止めることができました。
どうしても止めれない場合は黒姫ゲレンデのほうに止めるのもアリみたいです(ただし早く閉まっちゃうので注意)

続いて、困ったのは、ロープウェイ。
スキー場にようやく着いたと思いきや、
国内外問わず観光客を乗せた大型バスが列を連ねて入ってくるんです。
受付で「当日券は売り切れです」と言われる意味を目の当たり。すごいなー

それでもはるばるやってきたんだもの。簡単には諦めません!

ゲレンデマップをもらって作戦会議。

すると、7つほどリフトを乗り継いでいけば、山頂付近の樹氷エリアに行けることが判明。

リフトに乗っては、滑り。乗っては滑り。
だんだん樹氷らしくなっていく。
ちなみに、こちらのリフト券もICカードで楽ちんでした。

まだ成長途中のものを目にしつつ、樹氷原コースにてどっしりした本物にごたいめーん。
はりぼてみたいで可愛いです。
それと行く前に調べて知ったのですが、樹氷というのは意外に標高の低い山で見られる減少らしいです。
そのため、山頂は1700mほど。
先月行った丸沼高原のほうが高いのです。

すごい人の数。だけど、幅が広いので快適。傾斜も少ないので、ゆっくり樹氷を撮りながら滑ることができます。

ちなみに、今回はじめて、一眼レフを持って滑りました。

ユートピアゲレンデ、後ろと横は樹氷、前はいい眺め。何度通っても飽きないよ。

30時間以上一睡もしていないのに、暗くなるまで滑りました。

途中で、夜のライトアップ券を買っておいたので、
1時間前に下界まで降りて、一旦スキー板とボード板を車に置きにいく。

山頂までは2回ほどロープウェイを乗り継ぐだけ。スポットライトで照らされたそれはニョロニョロの集団のようでした。

いろんな色で照らされる樹氷ちゃんたち。

吹雪のなかで耐える樹氷ちゃんたち。

たぶん、ライトアップが終わったあと「今日も疲れたなー」なんてビールでも飲むんだろう。

そんなこんなで「勝手に樹氷ツアー」堪能できました。
帰りはさすがにこのままだと居眠り運転が恐ろしいので山形駅のビジネスホテルで仮眠。
くそまじめーに温泉すら寄らずに、そのままとんぼ返りで帰って参りました。

ブログにアップしきれなかった写真はFlickrにもアップしてます→樹氷-山形蔵王温泉スキー場

プロフィール写真撮影

独立して3年目、きちんとしたプロフィール写真がなかったので、撮っていただきました。
カメラマンさんは神宮巨樹写真事務所。DiscoverJapanやコニカミノルタ「遥かなる銀河へ」などでも活躍されてます。
ロケ地は冬の群馬県某所。

Aboutのほうもアップデートしました。quip Design、今後ともよろしくお願い申し上げます。
他写真は今のとこ、Facebook平出Facebook伊藤Hondsome Worldwideなどでご覧になれます。

おまけの水沢うどん。帰りに食べました。

本人たちより数倍良く見える素敵な写真をありがとう!!
寒い中お付き合いいただいたごーやくんたちにも感謝。また改めてゆっくり遊びましょー

スプリングコンサート

3月3日ひなまつり。昨年に続き、NTT主催の群響チャリティーコンサートに連れてってもらいました。
豪華な出演陣をチャリティーの1000円だけで見れちゃうこの日の音楽センターはいつも満員。
なんと今回は1800人以上も動員したそうです。

曲目は、スペイン奇想曲、アランフェス協奏曲、チャイコフスキーの悲愴。

映画のようなストーリー、チェンバロのような音色を奏でるのは、ギターソロのエマヌエーレ・セグレ。
指揮者の山下一史さんは、役所広司似。カラヤンのお弟子さんという経歴に劣らずオーケストラが大きく見えました。

アンコールは、「ヴィラーロボス」と「マズルカ」と、
レスピーギの「リュートのための古代舞曲とアリア」からイタリアーナ。

突っ走りの2月を明けたあとだったこともあり、夢見心地で癒されまくりました。
手作りの恵方巻もごちそうさま!

那須どうぶつ王国

3月初旬に行ったyumikoとのプチ旅in栃木。のなかで写真の多い那須どうぶつ王国だけ切り離してエントリー。
さっそく、かわいこちゃんたちをご紹介します。アルパカー。

トナカイ。王国ファームへはネコバスに乗っていきます。

毛がふっさふさのふたこぶらくだくん。記念撮影に快くつきあってくれるいいやつ。

立派な毛並みの馬たち。ここの子たちはみんな綺麗で、大切にされてるんだなーと思いました。

で、とにかくツボだったのが、バードタウン。

入り口すぐに眠ってるフクロウ。まあ夜行性だし・・と思ったら、
首が180℃くるっと回転してしてギョッとする。後ろ向いてただけという。
カラフトフクロウのしげるくん、面白すぎて数分ここにいました。

個性的すぎる猛禽類たち。

アフリカワシミミズクのチェルシー。

パフォーマンスショーで飛んでたハヤブサ。凛々しい。

メンフクロウのハーツくん。ネーミングにばらつきがありすぎるんですけど・・。

ちょーなかよし。

水辺のどうぶつ王国にてカピバラ。

フンボルトペンギン。水冷たくないのかなー。

うぃー、もっとくれの図。

リスザルの手型。

フェネックギツネくん。Firefoxですね。

置物のようなカメくん。微動だにしなかったよ!

恐竜。

おいでナスくん。ちょー楽しかった!

3月初旬といえど、那須高原は頬をきるような冷たい空気と雪の中。
アウターを2枚重ねでちょうどいいくらいだったけど、真っ青な空の下テンションも上がりっぱなしでした。

次はこれの前後に行った大田原温泉といちご狩りをお送りします。

栃木ドライブ:大田原→那須→日光→宇都宮

3月。決算前の多忙期が終わった週末を利用して、数年ぶりにyumikoとプチ旅に行ってきました。
大田原温泉→那須どうぶつ王国→日光の苺狩り→中禅寺湖→宇都宮餃子の栃木コース。

相模原から高崎まで電車で来てくれたおかげで、北関東道でスイスイ。
栃木入りして一番はじめに腰をおろしたもは、那須塩原にあるもみじ谷大吊橋。
全長320mをぎゃーぎゃー言いながら歩行。ちょーー寒かったです。

大田原温泉の旅館に到着。

なかなかお休みが合わずタイ以来4年ぶりだったので、宿でゆっくりもいいよねってことで、
ちょっとリッチに露天風呂付きのお部屋

部屋食もゆっくりできて、言うことなし。大人げなく浴衣でアホ丸出しの一夜です。

朝ゴハンもしっかりいただきました。

朝からお出かけ。まずは那須どうぶつ王国へ。詳しくはこちらの記事で。

王国を出て、高速で1時間ほど走る。日光のストロベリーパークに行きました。

2日間もの凄く冷えた空気だったので、何枚も重ね着していたのですが、
ビニールハウスの中はまるでサウナ。ダウンを一枚脱いでも汗びっちょり。

お兄さんがタッパと練乳をくれて、飽きるまでいてOK。
お腹いっぱいになるまで苺を食べまくりました。

福岡のあまおうに似てる形のやつ。

キャンペーンのポスターですか、と言わんばかりの記念撮影したり。
素材もいっぱい撮れて楽しかったです。

夕方、暗くなる前に中禅寺湖へ。

お店はほとんど閉まってたけど、久しぶりだったので、黄昏れてみる。

雪とつららが寒さの記憶を蘇らせます。

この山の向こう側が群馬。先々月行った丸沼高原と逆の位置。

綺麗な夕暮れでした。

夕飯は宇都宮のみんみんに。せっかくなので本店に並びました。パリッパリでうまかったー。

高崎の自宅に一緒に帰って、続編の四万温泉へ。

▲ Page top
← Front page