« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

志賀高原

今年の夏は、ここ16年ではじめて湘南の海に行かなかったのですが、
そのかわり、ため息の出るような素晴らしい山の景色を見ることができました。それが志賀高原。

おにぎりを作ってもらって、午前中に出発。
上信越道からぐるっと、信州中野ICから長野入りして、湯田中方面へ。
はじめに降りたったのは一沼。

シダに囲まれた歩道の先には、

無数に広がる蓮の群生。

静かでとても素敵な場所でした。

野薊にウツボグサ、サワヒヨドリ、キバナノヤマオダマキ、ニガナ、イタドリ、オトコエシ、シモツケソウ、コウゾリナ。
お花の写真もたくさん撮れた。

琵琶池にも足をのばしたあと、山頂に向かって移動。

天空にのびる道。

横手山に到着!

スカイレーターで、リフト乗り場まで。気持ちのいい真っ青な空と、若い緑。

入道雲。

山にかかる雲。北欧のような森を見下ろしながら。

さらに、リフトで山頂に。標高2,300mへ。

ここが山頂です。西は長野、東が群馬は白根山。

勝手にかっこいい花大賞。ミヤマクロユリ。

かわいい花大賞。エーデルワイス。

山頂から見える景色。

横手山頂ヒュッテのパンとコーヒーで、お昼ごはん。

戻り際に、スコールが。カッパはリフト乗り場で貸してくれます。

霧が増して幻想的。
四季がある日本はいいなぁ、母の言葉に深くうなづく。
胸が痛くなる日もあるけども、今でも、この国のこの土地に産まれたことを幸せに思います。

駐車場まで降りたあとは、元の道を下っていく。

ニッコウキスゲがいっぱい。去年は榛名山で夕萓を見たね。

麓まで降りて、渋温泉に。

九番湯まである外湯巡りは、札を買って入ります。
地元の人はタダ。ちょうど居合わせたおばちゃんに親切にしてもらいました。

びっくりするほど熱いお湯。足も付けていられないほど。

風情ある建物のお宿もたくさんあったので、温泉目的でゆっくり来てもいいなぁ。

早めのお夕飯は、信州蕎麦で。

こちらは、時を戻して、行きの高速から。

松代PAで休憩。杏、470円也。

澗満滝の展望台の入り口。

落差107m。滝壺は絶壁になっていて近づくことができないそうです。

そんなこんなで、お天気も手伝って一日中はしゃぎまくり。一緒に行ってくれた母と相方にありがとう!

振り返っても「ああ、こういう時間の積み重ねで、人生の豊さってできていくんだな」って思えるくらい。
小さい頃の記憶のように、頭の中に残っていく風景と笑顔。
大袈裟かもしれないけど、ずっと忘れないだろうなぁと思う、短い夏の大切な思い出。

SUPER8

そういえば、すっかり忘れてたけどメアリーマックスを観た数日前に、SUPER8も観てました。

正直、ストーリーはなんじゃそら!という感じで笑えましたが、まあご愛嬌ということで。
強いていえば、エンドロールよかった。曲にリアリティバイツ思い出して、あの頃若かったなーとか思ってました。

オフィシャルサイトのEDITING ROOMで、8ミリフィルムが楽しめます。

夏椿

agataの新居に遊びにいったときに、連れてってもらったお店、夏椿をご紹介。

世田谷の住宅街にある古民家で、器や手提げなどを売っています。
樫の木のお皿を買いました。

先月は、彼女がうちに遊びにきたついでに、川越のうつわノートにも寄ってきた。

器って一期一会な気がするので、旅のときも、ちょっと立ち寄る機会のときも、
いつも1〜2品だけ、お気に入りのものをいただくようにしています。
だんだん、自分の好きなものがわかってくるから面白いです。

寺泊中央海水浴場

7月中旬。高崎に遊びきてくれたyumikoと相方と3人で、新潟は寺泊に海開きに行きました。
写真は、越後川口SAでソフトクリームを食うの図。
天気がよかったので、魚沼地方が見渡せました。

まずは、寺泊水族博物館

ウーパールーパーやオウムガイなど・・なかなかシュールな水族館でございました。

屋上からの眺め。日本海。

続いては、アメ横で、遅めのお昼ごはん。
小さい頃、よく連れてきてもらっていたので、お土産屋さんとかが懐かしい。
そのまま目の前の海水浴場に。

海の家で、ビールやアイスコーヒーを飲んでまったり。

毎年行ってた湘南の浜辺よりちょっぴり寂しい感じは否めないけど、
海を見ながらぼーっとするには十分。

結局、今年の夏は後にも先にも海と戯れたのはこの日のみとなりました。

これまた貴重な”昼間の海にいるyumiko”と、波に戯れながら

夕陽を見送る。

燕三条でラーメンを食べて帰りました。日帰りドライブ、楽しかったー!

塩ケーキ授業

Web制作を担当したジョウモウ大学の開校記念授業として、
前橋CAFE RITZ跡地にて開催された「五感で味わうおやつの時間」をお手伝いしました。

先生は、atonimoさん。
atonimoは、ジャムねこ、monsoon donutsのユニット。
私も個人的にシネマまえばしの出張販売で、二人のドーナツをいただいてたりしてました。

授業コーディネータは、同大学のイラストを担当していたpotzkun。おつかれさま!
私たちquip Designは、この日は主に撮影部隊でした。

準備にも手が込んでいて、材料コーナーなど、可愛らしい空間づくりをされてました。
メインの塩ケーキは、自由なトッピングにそれぞれの個性が出て、見た目も楽しい。
ヘルシーでさっぱりだし味見じゃ食べたりないくらい笑、美味しかったです。

たこ焼きパーチー

今年は、憧れのたこ焼き器を買いました。

何しろ自宅は大節電大会中だったので、電気は少しでも使いたくなく。
アウトドアでも重宝しそうだし!ということで、
南部鉄器で卓上コンロ使用できるやつを選びました。

食材にもこだわり。
北海道か岡山の小麦粉をベースに、山芋たっぷり入れて、メインのタコのほかに浅葱と小エビと千切りしたガリをトッピング。
ビールによく合います。

家族とお夕飯がてらだったり、ご近所さんと飲みながらだったり、yumikoと作ったり、
美味しく楽しい時間が過ごせてご満悦。

ついでに、夏といえばスイカ。なんか絵図らが可愛かったので。

冬瓜の煮物の冷やしたやつも作ってみました。

たこ焼きの話に戻るけど、今回作ってみて具がタコの理由がよくわかりました。
塩辛とか海老とか入れてみたんだけど、食感が柔らかいから、いまいち気づかないのね。

来年の温かい時期には、お外でも活躍させてみたいと思います。

コクリコ坂から

7月下旬、109シネマズでコクリコ坂を観ました。

私の知らない時代。
活気があって、一生懸命でかっこわるくて、暮らしている土地を愛していて、ただ羨ましかった。
今は、空気を読むのが先で、話さなきゃいけないことはおざなり。
だから、すごく清々しく映った。どっちが正しいなんてわからないけど、ただ羨ましく思った。
友人たちとまたお酒を飲みながら語りたいなって思った。

舞台が横浜だったのも懐かしくて。
港の見える丘公園に、桜木町、山下公園・・
飾られている氷川丸を見て、新入社員のころ200人の前で歌ったことを思い出したりしました。
当時の上司たちは20歳年上なんてざらだったけど、本当に親切にしてもらったなぁ。
職場だった頃と住んでいた頃を合わせてちょうど10年間。横浜は第二の故郷です。

メイキングとかのTV特集もほとんど録画してみたけど、面白かった。
目の前のことを一生懸命やっていれば、いつか誰かに伝わるんだ。評価なんてくそくらえ。
ファンタジー要素はないので繰り返しみる感じではないけれど、とてもおすすめです。

蚕絲館見学

続いて7月、安中にある蚕絲館さんに見学に行きました。

蚕と繭と糸に惚れて、座繰りの文化を守りたいという一心で和歌山から群馬に移住し、
オーダーメードの生糸づくりや研究を8年間続けている、かっこいい女性がお一人で運営されています。
そのストイックさと、物腰の柔らかさとのギャップにくらくら。

上の蚕の繭が、蚕絲館さんの手で、下の写真の糸に生まれ変わります。
ちなみに大きさは、産地の違いだそうです。

実家が近いこともあり、ずっと行きたいなーと思っていたところ、母に連れてってもらう機会があり、興味津々。
炊事場の釜は、繭を煮て中身を取り出すのに使うらしい。

昔ながらの広い養蚕農家で、お蚕さんの飼育から生糸をつくるまでの苦労は計り知れないもの。すごいなぁ。
突然の訪問にもかかわらず、ありがとうございました!また、遊びに伺います。

当日、つかの間のお茶タイムも幸せでした。ミカドのケーキ美味しくて好き。

ありあまるごちそう

シネマテークでありあまるごちそうを観ました。

無知というのは恐いことだし、それを逆手に過剰な儲けを得る人たちの倫理観も恐ろしい。
私たちは誇りだったなんでもないことを、いつでも手に入るという安心にかえて崩壊させてっているんだと思う。

一消費者として、
朝起きて手の届く範囲で、畑を耕して、稲作をして、家畜を育てて、漁をして、昔の知恵で加工して、それを食す。
そんな生活を慈しむ気持ちを忘れないでいたいです。

長岡まつり大花火大会

うだるような初夏。エアコンをつけずにPCがうなっていた7月。
突然の告知にマンションの舗装工事が始まり、まあ騒音の凄まじいこと。
2週間のうちのとある一日。あまりにひどすぎて仕事にならないので、
脱出ついでにちょちょっと160kmほど走って、長岡花火2日目に行ってきました。

新潟入ったら雨あがってでかい虹が出てました。平日なのに人いっぱい。

長岡花火は、空襲の慰霊の弔いや平和の願い意もあるそうです。
新潟は先日も他県に先立って放射性物質の規制値について国に要請をしていたり、敬意を示したいところが多々あります。

平和を願ってホノルル市長の挨拶もあり。「アーロハー!」の出だしが可愛らしかった。

2日で2万発。日本三大花火の一つと言われるだけあって、打上範囲が半端ない。
私たちがいた土手はメインの打上場所からは距離があったはずなのに、何割かは目の前に上がってました。
広角レンズでも全然入りきらず。

地元高校の卒業生協賛の花火もあったけど、きっともの凄く誇りだろうなぁ。

終了後、花火師さんに向かってお礼の合図として、灯りを向けてくださいというアナウンスがよかった。
アウトドア用のヘッドライトをチカチカ。

駐車場に戻る途中立ち寄った、ハイブ長岡?のチーズケーキとジェラートがうまかったです。

そんなこんなでとんぼ返り、往復320km。
Uターンしてお手軽な距離になったので笑、機会があったらまた行きたいと思います。

高崎まつり2011

高崎まつり。
これは、27年前くらい。

そして今年は、おじいちゃんと母と親戚と相方の6人で見ました。

祖父母がやっていた鞘町の中華屋さんの前で休憩したり、ゆっくり歩いて山車を見たり。

変わってしまったものも沢山あるけど、変わらない景色もほんの少し。
何より、こうして数十年越しに一緒に来れたことが幸せ。

ちょうどにわか雨がポツポツ降り出したころ、ビューホテルに避難。お決まりの弥助もごちそうさまでした。

写真は後日の同ホテル。担々麺のあとのデザート、美味しかった!

自分の気持ちに無理を強くことで数ヶ月間蓄積したものをようやく整理。
地元はこうでなくちゃ!と思える
いつもの家族と過ごす高崎、いつもの友達笑いまくる日々で、すっかり自分を取り戻した。
また一つ、大事なことがわかった夏。

禁煙

そして、なんと!高崎まつりの日でちょうど、禁煙して丸1年が経ちました。

こんなに意思の弱い私でも禁煙できると誰が想像したでしょう?
なにしろ1日1〜2箱の喫煙生活を15年ほど続けてきて、やめようと思ったことすらなかったので・・
近しい人、過去を知っている人ほど、いいリアクションをくれます。

数ヶ月やそこらでは、いまいち自分を信じられなかったので、
ブログにまで書く勇気はなかったのですが、
そろそろ公言してもよいかな、と。

そこで、
私が何度もネットで見知らぬ人の日記に助けてもらったように、
もしもやめたいと思っている人の役に立てることがあるならば・・!と思い、
僭越ながら、私なりの「禁煙対策」をまとめてみました。

《 わたしはコレで煙草をやめました 》
・禁煙外来に通う(飲み薬チャンピックスの方です)
 ※ちなみに私が選んだのは先生も過去に喫煙者だった高崎のうめやま医院。現在禁煙達成者50人超えとのこと。
禁煙セラピー(イラスト版 )を読む
・やめる前日までは、気の済むまで煙草を吸う
・なぜやめたいか、という理由を明確にしておく
・煙草の箱は常に引き出しに入れておく(いつでも吸えるよ、という安心感)
・いざ、もう無理!というときは花シガーカット(カモミールと生姜の葉、ニコチンなし)に頼る
・ガム、昆布、禁煙パイポなど紛らわしの品を一通り揃えておく
・禁煙手帳に毎日○をつけて、一日ごとに自分を褒める(禁煙外来の診察でも褒めてもらえます。笑)
・楽しくて煙草のことを少しでも忘れていられそうな日を禁煙開始日に選ぶ
・禁煙外来はできる限り余裕のありそうな3ヶ月間を選ぶ
・無駄なストレスをかけない(社会人なのでゼロは無理ですが、食べたいものを食べて、飲みたいものを飲む)

どんだけーという感じかもしれませんが、
それくらい必死だったんです。涙

数週間のうちは、たまに発狂してみたり、癖で換気扇下やベランダに移動してみたり。
1ヶ月、3ヶ月と経っても、人に胸をはって「禁煙してる」とまだ言いきれず。
この頃は、まだ気づくと「禁煙 無理」「禁煙 吸いたい 半年」などといった検索を繰り返してたし、
吸ってしまった夢なども見てました。

それでも《 どうやって耐えたか 》というと、
・今我慢してる辛さと、喫煙者だった頃にヤニ切れを起こして我慢している辛さを比べてみる
・今我慢してる辛さと、禁煙3日目以内の辛さを比べてみる
につきる!!

正直今だって吸いたいし、この先も継続できる自信なんてないよ・・というのが本音。
ぷはーとやったらさぞかしうまいだろうなーと思うけど、
禁煙して数日目や、喫煙者だったときに吸えなくて我慢してる数時間に比べたら、
今の我慢のほうが数段楽ちん!といったふうに客観的に判断してるだけなんです。
あとは、ご褒美でたまに贅沢して、やめた人同士で励まし合う。笑

本にも医院の先生の言葉にもあったけど、
何年経っても、愛煙家だった過去がある限り「吸いたい」という気持ちを全く忘れることはないんだそうです。
まあ、その分、煙草を吸っていたことで得たものもあるわけだし、
その代償と思って、たまーに我慢するくらいはしょうがないのかな、と。

今は、その「たまーに」の頻度が少しずつ減って、
煙草ネタを検索することもないし、喫煙者ばかりの飲みの場にもだいぶ慣れてきました。
心配していたドライブもお茶の時間も、煙草がなくても十分満喫できてるし。
1年経つとだいーぶ楽になります。

あとは、自分が負けそうになったときのためにも
禁煙して良いところと困ることのまとめ。

まずは《 困ること 》
・お腹が空くと我慢できない→食べる→3〜5kg増える(1年たっても戻る気配なし)
・飲みの場が億劫になる(そのうち慣れます。食うか話すか歌うか暴れてます)
・コミュニケーションがうまくとれない(そもそもの人間性か?)
・人を待てない(煙草があればいつまででも待てたんだけど・・)
・煙草の匂いが鬱陶しいことがある(たまに自主的に嗅いでたけど、それも最近はない)
・清々しいところで一服したくなる(だいぶ思い出さなくなりました)
・一人ドライブが前より楽しくない
・手軽なストレス発散ができない

そして《 良いところ 》
・荷物が減った
・楽しいことを純粋に楽しめる(煙草のことを思い出すことがない)
・仕事に集中できる
・化粧のノリがよくなる(毛穴が閉じたせいかと思う)
・顔色がよくなったらしい
・朝の嗚咽感がない
・喉の違和感がない
・薬が飲める(血栓ができやすい副作用のものに限る)
・煙草を吸う時間を確保しなくてよい、吸う場所を探す必要がない
・スタバなど、禁煙のカフェやレストランに気にせず入れる
・飛行機がつらくない、禁煙奨励の国での心配がいらない
・好きな人に副流煙を吸わせているという後ろめたい気持ちがない
・禁煙者に嫌がられない
・他人の赤ちゃんが気軽に抱ける
・車内や身の回りが灰で汚れない
・服や部屋が臭くならない
・外出時に自宅が火事になる心配がいらない
・少し寝付きが良くなった気がする
・コンビニでの無駄使いがなくなった
・煙草を買ってた月10,000円分をご褒美に使える
・いつかやめれるんだろうか、というプレッシャーがない
・もしかして意思が強いのか?と少し自信がつく(おめでたい)

実際、今、心からやめてよかったと思っています。
意思ある限り、ずっと続きますように。

写真は禁煙外来に通った医院で飼われていたハコフグくん。
診察の待ち時間に、ゆーらゆらと優雅にたうたう姿に励まされました。

かき氷日本一

昨年行きまくってたかき氷屋の日本一さん。
今年は控え気味でしたが、
一度だけ、みかん一家と歩いていきました。

味はテッパンの苺ミルク。やっぱり屋台のと氷の質が全然違くてうまい。

一目惚れしたリュックもお似合いでにんまり。いつも寄ってくれてありがとう!

そういえば今年は、同級生のお子さんたちにたくさん会いました。
あっという間に大きくなっていくのね。
なんだか一気に姪っ子や甥っ子ができた気分で嬉しかったです。

磯部温泉花火大会2011

お盆は地元、磯部温泉の花火大会に。黄金色に染まる空。

今年は、いつもと場所をかえて某駐車場に集合。友達とその彼女と、母と相方と5人で見ました。

何も語らなくても、この花火が大好きな人たちと見る心地良さ。

折りたたみ椅子とビールがあればそれで十分。磯部花火は派手じゃないけど、花火の色や種類が渋くて好き。

写真には、花火しか写ってないけれど、
記憶に残る、花火の手前に写る笑顔や笑い声。幸せな時間をありがとう。

最近、街というのはそこに住む人たちが変わらない毎年が過ごせることが何より大事な気がしている。
昔は、前進することばかりに気が行きがちだったけど、
自分自身すら、地元を自慢したい気持ちと、とっておきの場所にしておきたいって気持ちを
持ち合わせてることに気づいたから。

現状維持のために変わっていくことも必要だし、
より良くするための前進は不可欠なんだろうけど、
絵を書くときに、かっこよく見せることよりも、そのものをきちんと見ることが大事だよ、と教えてもらったことと同じ、
そこで生活する人、そこに存在するものを、よく見ることを忘れないようにしたいと思う。

白糸の滝

夏休みシーズン。タイからchieが帰ってきた!
ということで、りのちゃんと4人で近場のドライブに。

まずは旧軽をお散歩。

お約束のクレープとジェラート。それから、小腹対策用に買った腸詰屋のホットドッグもうまかったです。

車に乗って北に移動。白糸の滝へ。

学生の頃ぶりだったけど、すっごいひんやりしてて、まさに避暑地でした。

北軽をぐるっと。

嬬恋牧場にいたポニー。散々絡んだ後に看板を見たら「噛みます」と書いてあった。あぶな。

愛妻の鐘を鳴らす二人。かわいいなぁ。男の扱い方は既に見習いたいくらいです。

花びらの小さい紫陽花がステキだった。

頂上の白根山の釜に着いたころは、ほぼ真っ暗だったけど、微かに見える湯気と匂いにテンションがあがる。

そのまま高崎に戻って、近所のタイ料理やさんへ。chieがメニューに詳しくて楽しい。
この後も朝まで自宅でだらだら。一日よく遊びました◎

メキシコ料理

メキシコ料理TIOTIAで女子会。メンバーは昨年の桃鉄ナイトとほぼ同じ。

集団の女子は苦手なのですが、それぞれに独立心があるせいか、男子といるように楽ちん。
その後もカレント、ご近所さんと移動。
相変わらずエンドレスで、楽しい夜でございました。

そういえば、3ヶ月前も2次会準備に翻弄されてたんだな。全く同じ状況に軽くデジャブー。

第18回ホーユー展

毎年恒例、NTT群馬のホーユー展は、後期の展示を観覧。
平出豊(彫刻)、みずむらやよいさん(染色)、木暮恵蘭さん(水墨画)。
ほかにも絵画、七宝焼、書、織、など27人の作家さんの作品が展示。
私自身は数年ぶりに観れたのですが、大変見応えがありました。

youtubeにもアップされてたのでご紹介。4分45〜55秒前後辺りで平出豊氏の新作がご覧になれます。

会場の方たちに声をかけてもらったり、FMG MONTHLY RECOを置いてくださっていたり、
ほっこり和やかな時間をいただきました。

* * * 第18回ホーユー展 * * *
会期:前期 2011年8月18日(木)~23日(火)
   後期 2011年8月25日(木)~30日(火)
場所:YOU HALL(高崎市高松町3番地/NTT東日本 群馬支店)

機関車だるま

2011年の夏は、群馬ディスティネーションキャンペーンに合わせて
高崎市が主催した機関車だるまがもらえるまちなかスタンプラリーをやってました。

対象店舗を3つまわると1つの達磨がもらえるという仕組み。
私は従妹が集めていたのをきっかけに、2周ほど参加。
まずはいつも行くこのえパン、清芳亭。徒歩5分で2件。
あとは、風間堂のぽっぽっまんじゅう、松田製菓の機関車ケーキをいただきました。

スタンプをもらって喜ぶ大人たち。
横浜から遊びにきてくれたくっきー、
別の機会に同じく神奈川から来てくれたyumikoとまわって、それぞれお持ち帰りしてもらったよ。
もちろん、うちの居間にもC61、D51、上信電鉄と3個セットでいらっしゃいます。

なんと総計9674個もの引き換えがあったそう。
信越線沿いに住んでいた者としては、見慣れた橋の上も、たくさんの鉄っちゃんで賑わっていて嬉しかったです。

高崎まつり大花火大会2011

3つ目の花火は、うちのベランダも特等席となる高崎花火。
今年は、家族の希望もあって、お散歩がてら17号沿いで見ました。

馴染みの道を歩いて、近所が昔どんなところだったか聞いたり、
小さい頃ブルーシートの上で花火玉の欠片が落ちてくるほど近くで見た思いでを話したり。
小5の頃、はじめて買ってもらったカメラを落として壊したのも高崎花火だったなぁ。

メンバーはお祭りのときとほぼ同じ。
みんなで見る花火は、格別に綺麗でした。ありがとう。

ちなみに、昨年の様子はこちら

藍染めワークショップ

今夏に、2回に分けて、母に藍染めを教えてもらいました。

色が入らないようにする場合は、先に準備を。次に色が馴染むように地入れをします。
液につけて、数回洗い、脱水。日陰干しを繰り返し。

すっごく楽しかった!!こちらが完成したもの。

続いては、カラーバリエーションが自在な染色。

こちらは色を混ぜて作るので、そこが難易度が高く面白いところ。
サンプル色を作りながら、調合。
「粉」、そして「液」と「染めている最中」と「乾かしたもの」では、
それぞれ明度や彩度の変化があるので、
その辺りを様子見ながら調整していく過程などは
経験値も必要なのだなー、と感心しまくり。

そして、出来上がったのがこちら。
商品とは別に、何色か自分とお友達用に染めてもらいました。嬉しい。
何年も着てなかったタンクトップもいい色が出て、再利用中。

2色のグラデになっているので、色々なコーディネートができちゃう!
夏〜秋にかけて、活躍したよ。

また、やりたいです。

+Diary

[ Calendar ]

[ Comment ]

鉄板は宇治抹茶ミルクでしょwww
by kaolita
at 2011.11.24 15:48

>kaolita 世の中には、小豆嫌いが多...
by anzu
at 2011.11.25 1:15

ほんとに杏はえらい!! そうだよ...
by チエ
at 2011.11.21 9:13

すばらしいです!!! 夏にかき氷...
by みかん嫁
at 2011.11.21 19:08

>チエ うわーん!ありがとう。が...
by anzu
at 2011.11.21 20:17

>みかんちゃん ありがとうーー!...
by anzu
at 2011.11.21 20:19

祝一年!!!(笑) えらすぎます...
by kaolita
at 2011.11.22 13:42

>kaolita その節はおせわになりまし...
by anzu
at 2011.11.24 2:52

だから後ろ姿は・・・ って私が言...
by yumiko
at 2011.11. 9 1:43

>yumiko あらー!ばれた?! 3月の...
by anzu
at 2011.11. 9 2:03

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
▲ Page top
← Front page