2011年10月31日

自家製ジンジャエール

初夏。川越のカフェで飲んだジンジャエールが美味しかったので、
高知産生姜を買い込んで、自家製の原液を作ってみました。

レシピは、
1. 生姜5パックをミキサーにかける
2. はちみつ、ローリエ、シナモンスティック、クローブ、鷹の爪、和三盆、砂糖と一緒に煮込んで、レモンを絞る
3. Ballの密閉容器を煮沸して、原液がある程度冷めたら詰める
分量は、だいたいネットにのっているものを参考にして、あとは味見しながら足しました。
甘いやつより、ウィルキンソンのほうが好きなので、ちょっと砂糖少なめ。

神戸居留地のソーダのミニ缶と氷で割るのがちょうどいい。
今は寒くなってきたので、お湯とハチミツで。体が温まります。

昨年はトマトソースとピクルスに挑戦。
今年は、そのほかに新生姜を使って、ガリを教えてもらいました。
そのまま食べたり、焼きそばやたこ焼きに刻んでいれたり、色々使えます。

ちなみに、実家にもらって一年中重宝してるのは、やっぱり梅干し、ゆかり。それからジャム。
たくわんとか漬け物とか、ぬかを扱うにはまだまだだけど、
とても楽しいので、今後も初級ものから少しずつ教えてもらったりして、
ストックを増やしてみたいなーと思います。

2011年10月29日

メアリー&マックス

シネマテークでメアリー&マックスを観ました。
クレイアニメの出来の素晴らしさにも、パンフレットの可愛らしさにも勝って一番印象に残るのは、
ストーリーがよかったこと。

昔から手紙を交わすのが大好きだった。
家族や親友にもらった数えきれないほどの手紙は、私の宝物。
実家暮らしのときも、一人暮らしをしているときも、今でも。
ずっと側にいてくれた手紙たち。
彼女たちの文字の癖を見るだけで温かくなる。
すごく近くにいるような気がする。

思いがけず涙してしまったのは、
許すことって人生において、すごく大事なんだと思えたから。
許すことができるって幸せなことだと思えたから。

そういえば小さい頃、題名のない音楽会でかかるタイプライターの曲も好きだったなぁ。
いろいろ、懐かしかったのかもしれない。
すごく、おすすめです。

▲ Page top