2012年04月02日

宮崎・鹿児島の旅:日南→都城→霧島→鹿児島

2日目は、朝から夜までめいっぱい使えるので予定盛りだくさん。宮崎市街から日南、霧島を通って鹿児島の宿を目指します。
曇っているけど、薄めの長袖一枚で十分の温かさ。

桃鉄でしか見たことなかったシーガイアから出発。もっさりとした防風林の向こうに海が見える。

フェニックスが続くバイパスを通って、

はじめの目的地、青島に行く。島には橋を通って歩いていけます。

見所の一つ鬼の洗濯板。地元の人が何かを採取してたり、家族で岩場歩いたり、一日中遊べそうなところでした。

宇宙人の基地のような石がいっぱい。

浸食具合や貝拾いにはまって、しばしお散歩。自由時間。

そのまま島の中心部にある青島神社へ。

本殿の前に置かれていた塩。試食してください、と書いてあります。

さらに島の奥へ、亜熱帯植物に覆われた道を進む。
民族衣装みたいなものを身につけている集団が近くに歩いていて何やら見れるのかなーと思ってたら、どうやら神社の撮影をしていた感じ。ちょっとコスプレ感がありました。

つきあたりの本宮には、貝が積まれた岩が奉ってある。青島は貝殻でできた島なんだって。

天の平瓮(あめのひらか)という土の器(貝のもありました)を投げて願掛け。
作法どおりにお辞儀して、投げて、外れて、笑って・・・とにかく面白かったです。

お守り買ったりマンゴーアイスを食べて、駐車場に戻る。お土産屋さんには軽石やフェニックスの子が並んでました。
山幸彦と山幸彦の神話を解説してもらいながら、次の目的地へ。

南下して鵜戸神宮に到着。バスがかわいい。

通称ねぎぼうずくん。遠回りして歩いちゃった私たちの和みキャラ。本当はソテツという植物だそうです。

海の眺めはこんな感じ。

階段を下って、洞窟内にある本殿に。

奥では豊玉姫のお乳岩が見れます。

本殿を出てすぐのところにある霊石亀石。ここでは、この窪みに石を投げて願いごとをします。

これが運玉。男の人は左、女の人は右手で投げます。

端のほうにまで歩いていったら、運玉が干してありました。手作りみたい。
石と石の間に咲いていた薊は、山のそれよりも丈夫そうな葉が印象的。

さらに南下して、油津港のびびんやでお昼ごはん。炙り重やタタキなどカツオづくし!美味しくいただきました。
一本釣りでは高知より勝るそうです。

続いては海から離れ222号線を西に進む。途中立ち寄った飫肥。

おやつがわりに名物の飫肥天。さつま揚げより柔らかくて好きです。

途中寄った坂元棚田。

関之尾滝にも行きました。

甌穴群という天然記念物が見れます。

さらに西へ山道を上ると、湯煙が見えてくる。
神社巡り4つめ、霧島神社へ。

こちらの相殿神を見ると、昨日の天照大御神とも今日行った豊玉姫とも繋がっています。
なかなか文章で読んでいると難しい気がするのですが、母の解説つきですごくわかりやすかった。
改めて神話って面白いんだなーと実感した旅。

本殿。竜馬も新婚旅行で参拝したそうです。

すっかり暗くなったころ、お風呂探しに。
関平温泉は、2種類のお湯。小さいけどとてもいいお湯でした。
お水も売ってたのだけど、ミネラル豊富な鉱泉で胃腸や消化系に効くそうです。
九州は本当に水と火に恵まれた土地だなぁと思う。
写真は霧島温泉手前にある丸尾の滝。

鹿児島市街へようやく到着。宿のチェックインを済ませると既に21時。
六白亭の黒豚とさつま揚げでお夕飯。満腹。

宿に戻ると24時間営業のフェリーが夜通し、海の上を行ったり来たり。
夜が明けたら窓から桜島が見えるはず。わくわくして就寝。
続いては3日目最終日です。

2012年03月26日

宮崎・鹿児島の旅:白川水源→高千穂峡→宮崎

昨年10月、2泊3日で熊本・宮崎・鹿児島の旅に行きました。
5年前九州に行ったときは、福岡・大分・熊本・長崎・佐賀県をまわったので、その続きもかねて。

前回は母と私2人だったんだけど、今回は相方も参加で3人。
羽田まではマイカー。高速でゆかり入りのおにぎりを頬張りながらテンションは最高潮。
はじめて空港近辺に預ける駐車場でなく、ターミナルの駐車場に預けたのですが、
ほんのちょっと高いだけで、移動が楽ちん。泊数が多くない場合は、便利だなーと思いました。

熊本空港から手配しておいたレンタカーに乗ったら、宮崎方面にゴーゴー。
調べておいた柿の葉寿し本舗で、目的のそれとあなごやさわらの押し寿司を買い食い。脂のっててすっごくうまかった。
選んでる間、試食とお茶も出してくれました。お薦め。

秋晴れの気持ちのよい日。前回ドライブした阿蘇を横目に見ながら、田舎道を進む。
ミルクロード最高だったなーとか懐かしみつつ。

カンナがいっぱい咲いてました。稲刈りの時期で田んぼも輝く。

白川水源に到着。

入り口に積まれてた持ち帰り用のペットボトル。

透明度の高い澄んだ水に感動。

ボコボコ湧き出ているのが見れます。

社にもご挨拶。連休中日ということもあり賑わってたなぁ。

「だご汁」ってなんだろねーと注文してみたところ、こっちでいう「すいとん」なことが発覚。
帰りにはお米のつかみ取りサービスがあったり、地元産の柚子胡椒を買ったり、お土産もほくほく。

そのまま下道を走ると宮崎入り。道中にいたはりぼて。

続いての目的地は、前回九州に来たときから行きたかった高千穂峡。

上は有名な真名井の滝。下は船着き場近くの玉垂の滝。

五箇瀬川の深い青緑がきれい。

奥に進むとともに静けさに切り立つ谷に囲まれ、本当に神様が住んでいるような気がしました。

おのころ池。水神や月形の説明を読みつつ歩く。

池にいた主たち。チョウザメみたいです。

ずっと行きたかったけど、実際に眺めることができて大満足。幻想的なところでした。

夕暮れ間際、天照大御神のいる天岩戸神社にお参り。

棚田に落ちる月明かり、神様に会えたような穏やかな気持ちに浸りつつ、
80kmほど先の宮崎市街にひらすら南下。

長い道のりを経て市街に到着。
ご当地料理が食べれる杉の子で、待望のお夕飯。らっきょう大きい!

本場で食べてみたかった冷や汁に地鶏。おいしゅうございました。

はしごして、和処志ほで海のものをいただく。ぱっちんえびー!

それとウニがめっちゃ美味しかったです。全然薬臭くないの。
日南ではムラサキウニがいっぱい採れるんだそうです。小降りだけに贅沢。

生さばなど、関東のお寿司屋さんではなかなかお目見えできないネタに感動。

大将と話をしていたら、県内の人でも高千穂から宮崎市街なんてめったに移動しないそう。笑
宿に着いたとたん寝息の二人ににんまりしながら、準備して就寝。
明日は、日南海岸を観光しつつ、鹿児島へ向かいます。

▲ Page top