2011年09月05日

台湾の旅:台北101→京鼎小館→龍山寺

3月中旬、数ヶ月の集中多忙月に終焉の兆しをうけて、とっさに予約したのは2泊で行けちゃう台湾。
一年ぶりの母と相方と3人での遠出旅行。

色々な事情を考慮して、空港までは新幹線。
開業後はじめての羽田空港国際線旅客ターミナル。私が空港のお隣に勤めていたころは着工したてでした。

いってきます。

ホテルに着いて、気持ちを切り替えるためにお化粧。目がはれぼったいのは気のせい、気のせい。
一階にあるカフェでお茶を飲んだら、さてお出かけ。

歩いて一分ほどのところにある、台北101まで。

館内を一通り歩いたあと、展望台は激込んでたので却下。タクシーに乗って次の場所へ。

敦化北路に降りて通りを歩く。
高い建物が多くて、日本でお馴染みのコンビニやファミレスもちょこちょこ。

日本より少し暑いくらいの気候。沖縄みたいな感じかなぁ。爽やかなお天気のなか、お散歩。

台湾の信号機。赤になるまでの秒数が出るのはすごくいいと思う。その間何かやれるし、危なくないし。日本もやって!

マンゴージュースで休憩。

ここのお菓子、すごくうまかったです。タマゴプリンがお気に入り。

時間まで四平陽光商圏をぶらり。お土産にア○ムのキャラパンツを買う。
包丁マッサージ?など日本では見られないパフォーマンスも見れました。

17時を過ぎたら、お目当ての京鼎小館へ。待望の本場の飲茶です!!
伝票に数を書いて注文。

エビとヘチマの小籠包。ちょーーーーーうまい!!!!!

皮は薄いのにシートからキレイに剥がれるし、口の中で割ると肉汁がじゅわわー。
生姜の千切りと一緒にいただきます。

エビチャーハンもうまい!180元 。たっぷり海老で味付けも日本人好み。つけあわせで蒸し豚足も出ました。

海老ワンタン麺。細麺で鳥だしもさっぱり、どんどん食べれちゃう。

もー、全てうまくて大満足。食べ終わる頃には店内も満席。
海外旅行では、チェスキークロムロフの朝ゴハンに並んで第一位に認定。
帰国後、旅猿で岡村と東野がうますぎで2回もこのお店に行ってました。でもそんくらいうまい!お薦めです!

続いては、夜の龍山寺へ。

近づいてくると歩道の灯りが千と千尋の世界のようにカオスな光景に。

空は真っ暗なのに、夜はこれからといった感じで、人がいっぱい。

観光で来てるひと、真剣に祈りを捧げてる人。

紙で作った色鮮やかなはりぼてが続く。

おなかいっぱいだけど、せっかくなのでおつまみ。魚の練り物でした。

原チャリが多い。タイを思い出す。

そのまま少しお散歩して宿に帰りました。
いつもだったらガイドブックと睨めっこの時間帯。
ニュースを見てたまらない気持ちになったり情緒不安定なまま眠れなかったけど、
1〜2時間でもいいからという思いで明日のために就寝。
一緒にいてくれてありがとう。2日目へつづく。

ゆうじ

3月初旬、某案件の打上げに便乗して、うわさの渋谷のゆうじで焼き肉をいただきました。
うまかったーー。

and peopleでお茶もしたよ。

12月から3ヶ月、みんなみんなほんとによく頑張りました。
そしてありがとうございました。
これも平和な時間の一つ。だったのだ、と振り返り。

▲ Page top