2011年03月09日

サイパン-ラウラウビーチ

昨年の11月頭、独立して初の連休をもらってagataとサイパンに行ってきました。

今回はCカードのライセンスを持っている同士の数年越しの約束を果たすべく、とにかく潜ってもぐって潜りまくる!という旅。
国内旅行だと、「白神山地」を「白上さんち」と勘違いしたり、逆走をナビってくれたりなのに、
ダイビングのこととなったらお仕事モードかのようにテキパキと事を進めてくれて、
4泊5日のうち、3日間1日2〜3ダイブの予定をびっちり組んでくれました(合宿かっ)

サイパン入りは、なんだか乗っていた飛行機にトラブルがあったようで、着いたのは深夜。
バスをまったあげくに、宿到着はAM3時すぎ。(バスの時計はくるっていても特に直さないそうです)

ホテルのぬるい炭酸類で乾杯してすぐに就寝。
前日ほぼ寝てないにもかかわらず、2時間も眠れないまま「コケコッコー」のケタタマしい鳴き声で起きて、1日目のダイビングへ。

本日はラフラフビーチを2本。
8年ぶりのブランクある私のたっての希望でビーチエントリー。

しかしなんと、2日目にして新調した水中カメラを水没させてしまったため・・
(マダラタルミの幼魚とともに右に映ってるのがそれ↓)
残念ながら、今回の水中写真は全てagataとダイビングショップに提供していただいたもの。ご協力ありがとうございました。涙
休憩時の昼寝風景とかエントリーの様子もぜんぶ撮ったのに、残念でならん。くぅーー

ここのスポットは、戦時中に使われていた給油管が残っているのだけど、その辺りによくウミガメが出没するそうです。
別チームの人たちが見た写真があるけど、自分で見たわけじゃなく悔しいので、掲載なし。ある人の証言によると畳一畳分あったそうな・・。

タンクを担いだままごつごつの岩場を歩き、体力を奪われまくり。
インストラクターに忘れてしまった基礎を教えてもらいながら、なんとか2本目終了。

お昼はで日本食を食べました。焼き魚。

お店の近くで甘えてた可愛いコ。向こうの猫にゃんは皆さんスマートでした。細くて足が長いの。

部屋に戻ったあとは、ベランダで水着を干して、ログをつけたり、周辺地図をチェックしたり。

爆睡するagataを置き去りにして、徒歩圏内のビーチへ。

ものすごい夕暮れが見れました。なんたってこんなグラデーションになるのでしょう。すげい、サイパン。
2日間ほぼ寝てなかったのは気のせいです。

お目当ての火曜しかやっていないという地元の屋台をひと回り。バナナとかパパイヤの漬け物とか串焼きとか。もぐもぐ

公園の様子。若者には、バスケが流行っているようだったよ。すごい盛り上がってた。

夕飯はホテルの1階にある焼き鳥屋。しおからとか食べました。翌日も朝早いので早めに就寝。

2011年03月04日

関次俊雄展

続いて、同日。YOU HALLで開催されていた関次俊雄さんの作品を観ました。

関口さんの作品は、3年前関内のZAIMで観て以来。
襖や帳簿に書かれていた生活に関する文字たちで織られた大きな作品をはじめ、地図を元にしたものなど、
規則性のなかに自由に動くテクスチャたち。紡がれた彩りが楽しい空間でした。
youtubeでご本人のインタビューを発見。タイトルの由来もご覧になれます。

*** 関次俊雄展-アントニン・レイモンドとのコラボ ***
会期:2010年10月28日(木)~2010年11月2日(火)
会場:NTT東日本 群馬支店 YOU HALL
URL:http://www.youtube.com/watch?v=Jx5OKS6iKpk

▲ Page top