2010年12月28日

榛名湖ワカサギ・くるみの森キャンプ場

1泊目に続いて、2日目のお遊びから。榛名湖でわかさぎ釣りをしました。
片付けや温泉ですっかり押してしまい、着いたのは午後3時。予約しておいたロマンス亭で釣り竿をかりて、いざ1時間の対決。

向こうはぶんたも乗っていて、かなり手強いです。

わかさぎ釣りらしく、3連、4連ですよ。といいたいところですが、これらは残念ながらバスの稚魚でした。
結局両者10匹のバスだけ。優しいおじちゃんが帰りに冷凍わかさぎをサービスしてくれました。

そういえば、今年の榛名湖は12月中旬で閉めてしまうそう。弟が納めで釣ってきたわかさぎ、とってもうまかったです。

そしてまだ明るいうちに今晩泊まる場所へ移動開始。ちょっと難易度高めで楽しみにしていた荒船の内山牧場キャンプ場。だったのですが、
移動している途中にポツポツと雨が降り出し、急遽バンガローのある北軽井沢のくるみの森キャンプ場に変更。

ベーコンと卵、それからローストチキンの残りとキャベツを炒めて、簡単なおつまみ。
具沢山の味噌汁を作りつつ、焼き肉と焼き芋、ピーマンの肉詰め、ししゃもを焼く。なんかひたすら食ってたなー

メインはブイヤベース。自画自賛だけど、かなりうまかった!

雨が降っているなかバンガローの軒下で、寒さを凌ぎつつ、色々工夫。少し経験値が上がった気がします。

翌日起きると、見事な晴れ。あたり一面に春の雪解けのように湯気がたってました。

サーモンの茸のアルミ焼き。

蠅が多いのが気になりましたが、こじんまりとした綺麗なキャンプ場でした。

真っ青な空。テントを出さなかったので片付けも簡単。

次はこの後、最終日のドライブです。

2010年12月26日

もぐら駅・湯島オートキャンプ場

10月下旬、spfdesignたちと4人でキャンプに行ってきました。
群馬に来てくれるということで、寝床と飯はもちろんのこと昼間のお遊びまで2週間くらい調査をかけてはりきってコーディネート。
めいっぱい楽しいキャンプにしたくて、テント・テーブル・コンロ・ダッチオーブンなどマイ道具を揃えたり、食料調達にも拘りました。

というわけで、まずは水上伊賀野でパラグライダー(私と相方は金欠のためぶんたとお留守番の図)

ひ乃きでお蕎麦を食べて、新潟方面へ。谷川岳が紅葉していて綺麗でした。

土合駅。噂のもぐら駅を見学。ホームまでは486段も下るそうです。
先の2人は往復してたけど、うちらはその後の稼働パワーに備えてゆっくり1/3だけ歩きました。階段つらい。

はじっこの通路は、かつてエスカレーターを設置するために確保しておいたスペースのようですが、いまだ地面のまま。

さっき来た道を戻り、向かう先は水上の湯島オートキャンプ場
隣接しているまんてん星の湯(前回のパラの帰りに寄ったとこ)にも入れちゃう。

テントを設置して夕飯の準備を始める頃には真っ暗。秋キャンプは暮れるのが早いけど、人が少なくて良かったです。
まずは、焼き飯を作って食べつつ、それと葉セロリを丸鶏に詰めていく。

こちらが念願だったダッチオーブン。しかもスノーピークの和鉄!豆タンでじっくり火を通していきます。

スタッフドチキンできあがり。男2人が頑張ってくれたので火の通りもばっちり。ジューシーですげーうまい。

崩すのが大変だったけど、翌日までかけて皆で残らず完食。前日ほぼ寝ないでシーズニングをやったかいがあったなー。

待ってる間は、焼き肉したり、ポトフを作って体を暖める。

空には月暈がでていて、最高に良い眺め。
皆寝不足だったので早めに就寝。といってもキャンプ場の5〜6組のうち一番遅くまで電気がついていたのは私たちの区画でした。

朝。右側が新調したうちのテント。登山にも耐えられる軽さで4シーズン使えて3人用の広さを散々検討した結果、ダンロップにしました。
結局とーちゃんと同じ結論という。

朝ごはんは、目玉焼きとベーコン。それから昨日のポトフの残りに生うどんを投入。
キャンプ場評価としては、川が流れていて夏も気持ちが良さそうだけど、混み合ってると隣と近そうなのがマイナス点かな。
フリーサイトは直火もOK。トイレが超綺麗だったので初心者女子と一緒のときはお薦め。

1泊目、大成功。2泊目の記事はこの後、榛名湖でのわかさぎ釣りから始まります。

▲ Page top