2010年11月24日

四国ドライブ-姫路・小豆島フェリー

10月中旬。相方の実家から祭りに伴う帰省命令を受け、四国に行ってきました。
3泊4日。走行距離2,000km。天気はほぼ快晴。いつもの愛媛とはいえせっかくの遠出、楽しまなきゃもったいない!ということで
前回に続き、色々寄り道をしたので、ちょこちょこご紹介したいと思います。(写真は香川の小豆島

あまり実感のないまま空いている夜中に出発、睡眠不足もなんのその。
引っ越してから初の関西。選んだルートは松井田・妙義ICから上信越道。そしてアルプスを横目に長野道から中央道に出てひた走り。

名古屋からはいつもと同じ。第一目的地として姫路城に寄りました。
昨年は厳島神社原爆ドームに行ったので、世界遺産は9つ行ったことになります。あとは紀伊山地・白神山地・知床・屋久島のみ。

しかし、なんかおかしくないか?

ズーム!していくと、

なんやら改修中とのこと。要塞チックでかっこいいけど、、私らはともかく、外国から来てる観光客の方に申し訳ない感じでした。

緑の影がさわやか。

倉敷と同じく綺麗にしてるなぁと感心。

次に向かったのは、フェリーのりば。
なんと天気がよいので、小豆島経由で四国入りすることにしたのです。旅はなりゆき、がポリシー。
ただフェリー代が高い!10,000円もするの。本日は車中泊に決定・・。それでも乗りたい、これまで通った3つの橋以外の手段。

おりいぶ丸。これに車ごと乗っていきます。

乗船時間は1時間40分。その間に一仕事。海に囲まれてようが、どこでも繋がるドコモのデータ通信カードはいいやつです。

甲板を見学。こんがり焼けた肌のにーちゃんが一人、寝てました。
船内もうどん屋があったり、昔懐かしのゲーム機があったり、テレビが見れたり、かなり快適です。

シンボルマークのオリーブがかわいい。

小豆島が見えてきた。

車輌甲板はほとんどトラック。ここに降りられるのは、なにか関係者のようで楽しい。

さっそく半時計周りに島をぐるっと。海との標高差が気持ちいい。

だが、しばらく走るとすごいものに出くわす。それがこの採石場。
まるで山半分をばっすり切り落としたような状態がいくつも。どうやら島の裏の姿をしょっぱなに目にしてしまったようです。

島の円周を1/5ほど進んだあたりで、中心部に向け急勾配の山道を登る。途中、鹿や猿にも会いました。
そして頂上に着くと寒懸渓ロープウェイ。てっぺんに来てしまったので下ります(普通は下から乗るんかな)

岩に映った影がハンコウを押したみたいでかわいい。
日本三大渓谷美はここ寒懸渓と、大分の耶馬溪、そして我が地元妙義山になるそうです。

夕暮れ前の陽の光が強い時間帯。山と海と、素晴らしい景色でした。

地図と見比べながら俯瞰。さっきとってきたダークな裏側とは違い、二十四の瞳のロケ地など見どころがたくさんあることを知る。
このあとは表側の海沿い観光に決定。

干潮時には島までの道が繋がるエンジェルロードに。カップルや学生さんがわきゃわきゃしてました。

そういえば前日から30時間以上寝てなかったので、日が暮れてからは早々に寝床の検討。
もちろん交通費貧乏のため車中泊にお夕飯はスーパーの鮮魚コーナー。
それでも鯛のお頭つきやカツオなど2,000円以内でたらふく食べられました。さすが瀬戸内海。
車はオリーブ公園の駐車場に停車。もう一仕事済ませて就寝。

明日は、起きたら海が広がってるはず。

2010年11月11日

新潟・能生

相方の31歳お祝いで、新潟に食い道楽に行きました。

仕事を片付け新潟市に着いたのは24時近く。駅前のビジネスホテルにチェックイン後、予約していた五郎へ。

しらこー。推定17歳のぷりぷり。

のどくろ。脂のっててうまい。

お刺身盛りはお祝いで特大車エビに卵をトッピング。

カニもサービスしてくれました。ふとっぱらっ!

食べ切れなかったいくら丼。竹筒で出してくれる日本酒もうまかったようです。

お店のスタッフさんは料理運ぶ度にお祝いの声をかけてくれるし、周りにいたお客さんたちものってくれるし、すごくアットホームなお店。
食い過ぎてクラクラするくらい味も絶品でした。お薦めしてくれたご近所カップルに感謝!

翌日は朝から朱鷺メッセの31階で新潟市を眺望。ばかうけ協賛で展望室にもかかわらずタダです。

続いて、古町の商店街をのぞく。イベントをやっていてすごい活気。通り沿いにはドカベンのキャラ銅像が並んでました。

その途中にあった喫茶店、白十字は雰囲気も味もツボ。横浜の白十字は潰れちゃったけど系列店なのかな。近くにあったら週一で行きたい。

その後、今回の目玉、北陸道を下ってマリンドーム能生まで。
ここにはかにや横町があり、ベニズワイガニという蟹が食べられます。
深海に棲んでるため引き上げてからすぐに凍らせるらしく新鮮かつお値段も安い。蟹だけなら寺泊よりお薦めかも。
購入した蟹を小屋に持ってきて食べるんですが、ちょっと冷静になると黙々とオケとハサミをかかえる人々がおもろい。

お土産をサービスしてくれたので、白エビも奮発。惣栄丸のおばちゃん、ありがとう!

ついでに寄った弁天岩。糸魚川には他にも23個のジオサイトがあるそうです。
次は阿賀野川とか海洋フィッシングセンターにも寄りたいな。あと佐渡!

帰りの上信越では、10月なのに雨のなかPAにて松本の花火が見れました。贅沢なオプション笑

シメは母が買ってくれたガトー・マルシェのケーキでお祝い。うまかったです。

たくさんお祝いしてもらってよかったね。また1年、いっぱいお仕事していっぱい遊びましょう。

▲ Page top